定年退職の生活設計


定年退職後の生活設計で重要になってくるのが、生活費と生活スタイル、そして健康です。
今回はこの三つの観点から定年退職後の生活設計について考えてみましょう。
まずは生活費です。
退職金が見込めるからと言って安泰ではなく、若い時からの蓄えが重要であることはいうまでもありません。
年金以外の収入を得ることが難しい上、今後は年金が徐々に減らされるリスクもありますから、働いているうちに少しずつ貯金することをおすすめします。
医療費などで想像以上に出費がかさみますので、過度の贅沢も程々にしたいところです。
次に生活スタイルです。

退職後は生活パターンが単調になり、外出する機会が減るという方が多くなります。
しかし、単調な生活スタイルは脳にとって悪影響であり、認知症となるリスクが高まると言われています。
趣味に勤しんだり、友人と積極的に関わったりするなど、外出する機会を増やしましょう。
最後に健康についてです。
病気になってしまったら楽しい老後を満喫するどころではありません。
若いうちから運動をして、生活習慣病のリスクを減らすといった生活設計が必要です。
定年退職後は身体を動かす機会を自発的に作って心身ともに健康な状態をキープしたいものです。
以上の三つをできるだけ早くから意識して生活設計をし、定年退職後の悩みを徐々に減らしていきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA