ED改善効果を含む早漏改善治療薬


男性の性機能を医学的に改善するというアプローチが確立されたのは、1990年代の後半にED治療薬バイアグラが登場して以降のことで、次々と新しいアイテムが開発され現在へと至っています。
プリリジーもそのうちの一つで、テレビコマーシャルでもお馴染みの「ジョンソンエンドジョンソン社」の製薬部門が2009年に開発したものです。
日本では未だに承認されていませんが、世界60ヵ国以上で認可されています。
インターネットや個人輸入でED治療薬を買う際は偽物に注意
なお、バイアグラが勃起不全だけを改善する治療薬なのに対して、プリリジーは早漏という症状に特化した内容です。
具体的には、セロトニンという脳内物質の濃度を高めることにより、射精までの時間を3倍から4倍に長くするというものです。
ちなみに、海外で約6,000人を対象として実施した臨床試験によると被験者の72%に射精時間が長くなったという変化が起きたことが確認されています。
このようにプリリジーが効果を発揮する理由は、セロトニンの濃度が高まることにより射精と密接に関係しているノルアドレナリンという物質の作用が抑制されるためです。
この効果は、プリリジーを服用してから3時間から5時間は持続するので、この間にプレイすれば早漏に悩むという心配はありません。

一方、プリリジーにはバイアグラのようにEDに対しての直接的な効果はないので、勃起不全だけに悩んでいるような人にはおすすめできません。しかし、EDと早漏は密接に関係しており、全体の約30%は両方を合併していると考えられています。
このために、早漏が原因でEDになっているようなケースの場合はプリリジーを利用することにより、両方の症状が解消される可能性があります。
また、ED治療薬とプリリジーとは作用機序に違いがあるので、併用することも出来ます。

コメントを残す

CAPTCHA