谷塚斎場で執り行われた葬儀後の処理:忌明け法要(四十九日法要)とは

通夜や葬儀が、無事に終わると残された家族は寂しさや悲しみはありますが一息つけるものです。
しかし、悲しみが癒える前にやってくるのが忌明け法要です。
この忌明け法要で、全てのことに一段落できます。
忌明け法要は、命日を基準としてその日から四十九日経過したときに行います。
この四十九日という意味は、始めの七日目を初七日として七日毎に昔は供養として法要をしていました。
その最後の忌明けが、四十九日になります。
Continue reading →